住宅が持つ寿命

外壁の定期的に点検する点検個所

外装塗装の一般的には10年が目安とされていますが、家の寿命を延ばすには7〜8年が適年数です。 壁の状態の確認には、壁を触って手に白い粉がつく場合は、紫外線により樹脂が失われ、顔料だけが残っているチョーキング現象と言われ、防水効果がなくなっている症状です。 また、壁に出来るひび割れは場所によっては、要注意で、アルミサッシ、特に出窓のような雨が一旦溜まるような場所のひび割れは早めにコーキングと言われるゴムのような弾力部分を埋めたほうがよいでしょう。 日当たりが悪く湿気の多い場所はコケの生えやすい場所で、コケが出るということは、防水効果がなくなっているという証拠です。コケが生えて防水効果が失われた壁や屋根は、そのまま放っておくと、水を吸って基盤部分にまで浸透して、木を腐らせてしまい家を駄目にしてしまう原因になりかねません、早めの対策が必要になります。

外壁塗装の施工による効果

外壁塗装には建物の美観を高める働きはもちろん、外壁そのものの耐久性を高め家を保護するという大切な役割があります。 外壁には水分や湿気に弱いものもあるため、外壁塗装によって防水性を高めて外壁を傷みから守り、雨漏りなどを防ぎ、また結露を防ぐためには、水分を遮断し湿気は通すという透湿性も耐久性を高める効果が期待できます。 外壁塗装の効果には、直射日光による外壁や屋根表面の温度上昇を抑える遮熱効果で、室内の温度変化を軽減して、夏場の冷房効果を高め、断熱効果により、冬は暖かく過ごす事が出来ます。 外壁塗装の種類には、光触媒塗料や、微細なセラミック樹脂を配合した塗料などでは、外壁に付着した汚れを雨が降った際などに自動的に洗い流すセルフクリーニング効果を持つものがあります。