住宅の問題

忘れられる外壁の設備投資

概観は綺麗に保たれていても、外壁に亀裂が入っている住宅や建物は、珍しくないし、最近でも良く見かける事がある。しかしこの亀裂をそのままにしておくととんでもないことが起こる事をご存知だろうか。とはいえ、そのままでも大丈夫と考えている人はこの事に目を留めてもらいたい。ペンキのはけ塗りの場合も外壁に問題が起こるが、特に気をつけたいのが拭きつけ塗装の場合である。この拭きつけ塗装の場合にはこの手の問題が良く起こる。つまり、拭きつけした塗装面に亀裂が入り、そこから雨水が浸入し木であれば腐食していきボソボソになる。コンクリートであれば、シミやカビの原因になるのである。では、この問題をどのように解決できるだろうか。

外壁塗装を定期的にする

上記の中でも取り上げたように、家の外壁塗装に亀裂が入った時にはすぐに処置を施す必要があるが、その時期をどのように見極めたらよいのだろうか。もちろん太陽の当たり方や風雨の当たり方によって腐食具合に違いが現れるが、目安となるのが、5から10年である。もちろんそれ以上に長持ちするケースもあるが、この辺りの年数で、定期的に外壁塗装を行えば腐食を抑えることができ、外壁を常に良い状態意に維持できるだろう。とはいえ、外壁塗装にそんなにお金は掛けられない、という意見もある。ではこう考えてみる事にしよう。どちらがお得なお金の掛け方か、という事である。つまり、腐食の予防かそれとも腐食の治療かという事である。当然の事ながら、お金をかけるなら予防の方が費用を抑えることができるに違いない。では、家の外壁塗装で迷っているなら、是非行動してみるのはどうだろうか。